後遺症認定についても、早めにご相談いただくことで適切な認定を受け、等級が上がる場合がございます。

044-201-6383

平日 10:00 ~ 18:00

相談専門電話受付 24時間(土日祝含む)

お問い合わせ
離婚、交通事故、相続、労働問題、借金問題、刑事事件のご相談は当事務所にお任せください。

離婚、交通事故、相続、労働問題、借金問題、刑事事件のご相談は当事務所にお任せください。

事務所案内

弁護士法人アート総合法律事務所

〒210-0005
神奈川県川崎市川崎区東田町5-3ホンマビル7F

代表弁護士
阿野 順一 (あの じゅんいち)
阿野 順一
共著
『相続・遺産分けの法律相談』(法学書院)
『遺言に関する法律相談』(法学書院)
所属
横浜弁護士会
卒業
慶應義塾大学商学部卒業
平成19年
弁護士登録(横浜弁護士会)
平成19年
村田恒夫法律事務所入所
平成22年
阿野総合法律事務所開設
平成24年
弁護士法人アート総合法律事務所開設
心がけていること
「依頼者の方との絆」

後遺症認定

後遺症認定のご相談、手続きまたは、手続き等について解説します。後遺症認定のをはじめとしたご相談、離婚に関するご相談、交通事故の示談交渉、及び後遺症認定のご相談なら川崎法律相談サポート・弁護士法人アート総合法律事務所へ。

後遺症認定

後遺症には目に見えやすい後遺症と目に見えにくい分かりにくい後遺症があります。
目に見えやすい後遺症としては、たとえば、関節を動かせる範囲が限られてしまったり、傷跡が残ったり、といった例を挙げることが出来ます。
認定基準が数値化されており、客観的にとらえることが可能です。
また、早めにご相談頂くことで、的確な認定を受けるためのアドバイスをさせて頂けます。

むちうち(頚椎捻挫、外傷性頚部症候群など)で首の痛みと腕のしびれが残った場合、その痛みやしびれやは目に見えず、数値に表すことも困難です。
◆症状固定とは治療を続けても大幅な改善が見込めず、長いスパンでみると回復・憎悪がなくなった段階を、医学的な意味の「症状固定」と言います。
しかし、むちうちであっても、その症状・治療状況などで、的確な診断を受け、的確な認定を受けることが可能です。一方、目に見えにくい後遺症に、いわゆるむちうちがあります。

後遺症の等級は損害賠償請求の基礎となりますので、適正な賠償を受けるためには、適正な等級認定を受ける必要があります。
場合によっては、後遺症の等級が変わり賠償額も大きく増額されることもございます。
「傷害部分」として、治療費や休業損害、入通院慰謝料などが請求できます。症状固定前でも是非早目に当事務所にご相談下さい。

医師から症状固定の診断を受ける前は、実務上「傷害部分」と呼ばれています。
医学的には大幅な改善が見込めないのであれば、いたずらにいつまでも治療費を加害者側に負担させるのではなく、治療期間は終了とし、残存した症状については「後遺障害」として損害賠償の対象とし、問題を早期に解決しましょうという、損害賠償上の都合によるしくみでもあります。
このように、目に見えにくい後遺症は、とその症状を客観的にとらえることが困難なため、数値化、可視化が困難とも言われている症状です。後遺障害部分の基礎となる慰謝料や労働能力喪失率などは、等級に応じて定められており、症状は同じでも、等級が適正に評価されるかされないかで、大きく損害賠償請求額が変わってきます。


当事務所は、神奈川県川崎市に事務所を構えております。JR川崎駅より徒歩5分、京急川崎駅より徒歩4分の大変アクセス便利な立地にございます。
1.まずは依頼者様が納得するまで法的な説明、見通し等を何度でも説明いたします。
2.その上で依頼者様との話し合いによりどのような解決方法が望ましいのかを検討し、方針を決定することになります。
3.ただし、責任を持って最後まで事件を担当するため、受任する際には依頼者様の立場を考えて、できることとできないことは明示して安請け合いをすることのないように心掛けています。

神奈川県内はもちろんのこと東京都、埼玉県さいたま市、川越市、熊谷市、川口市、行田市、秩父市、所沢市、飯能市、加須市、本庄市、東松山市、春日部市や、千葉県等近県のご相談にも広く対応しておりますので、まずはお気軽にご連絡下さい。

弁護士法人アート総合法律事務所が提供する離婚の基礎知識と事例

  • 離婚の種類

    離婚の種類
    離婚には4つの種類があります。離婚の種類によって、必要となる金額も期間もまったく異な...
  • 慰謝料・財産分与

    慰謝料・財産分与
    慰謝料、財産分与は当事者間の話し合いではまとまりにくいものです。感情的になりがちな問...
  • セクハラ・モラハラ

    セクハラ・モラハラ
    以下のような場合は、当事務所にご相談下さい。セクシャルハラスメント・パワーハラスメン...
  • 親権

    親権
    親権には「身上監護権」と「財産管理権」とがあります。「身上監護権」は子供の身の回りの...
  • 過失相殺

    過失相殺
    交通事故におけるお互いの過失(=不注意)の度合いを割合で表したものを「過失相殺」とい...
  • 労働条件の変更(賃金カット等)

    労働条件の変更(賃金カット等)
    就業規則で定める基準に達しない労働条件を定める労働契約は、その部分については、無効と...
  • 相続放棄

    相続放棄
    相続が発生した場合、相続人が引き継ぐのはプラスの財産だけではありません。マイナスの財...
  • 交通事故における保険会社への示談請求

    交通事故における保険会社への示談請求
    加害者の保険会社から損害賠償額の提示を受けたら、まずその提示された金額が相当なのかど...
  • セクハラ・パワハラ

    セクハラ・パワハラ
    パワハラとは、「パワーハラスメント」の略語であり一般的には職場内での地位や権限を利用...

川崎法律相談サポートに寄せられる「後遺症認定」関連の法律トラブル・ご相談事例

法律相談・労務相談に関する法律相談の基礎知識

川崎法律相談サポートで対応できる手続きについて

サポートできる川崎周辺エリアでの法律関連の代行業務

相談者から寄せられる相談業務についてのQA

交渉業務に関して最近ニーズの多い相談ジャンル

川崎法律相談サポートで対応できるエリア・地域

後遺症認定をはじめとした相続問題、交通事故、離婚に関する知識、手続についてご紹介しています。後遺症認定をはじめとした後遺症認定に関する知識、手続きについてご紹介するサイトです。
後遺症認定をはじめとした相続問題、交渉、交通事故、その離婚等についてご紹介しています。相談専用ダイヤル:044-201-6383 代表弁護士 阿野順一
©川崎法律相談サポート/弁護士法人アート総合法律事務所 All rights Reserved.