残された家族の無用な相続トラブルを回避するために、遺言書の作成は有効です。遺言書には、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言の3種類があり、法的に有効な遺言書を作成する必要があります。

044-201-6383

平日 10:00 ~ 18:00

相談専門電話受付 24時間(土日祝含む)

お問い合わせ
離婚、交通事故、相続、労働問題、借金問題、刑事事件のご相談は当事務所にお任せください。

離婚、交通事故、相続、労働問題、借金問題、刑事事件のご相談は当事務所にお任せください。

事務所案内

弁護士法人アート総合法律事務所

〒210-0005
神奈川県川崎市川崎区東田町5-3ホンマビル7F

代表弁護士
阿野 順一 (あの じゅんいち)
阿野 順一
共著
『相続・遺産分けの法律相談』(法学書院)
『遺言に関する法律相談』(法学書院)
所属
横浜弁護士会
卒業
慶應義塾大学商学部卒業
平成19年
弁護士登録(横浜弁護士会)
平成19年
村田恒夫法律事務所入所
平成22年
阿野総合法律事務所開設
平成24年
弁護士法人アート総合法律事務所開設
心がけていること
「依頼者の方との絆」

遺言書の作成

遺言書の作成のご相談、手続きまたは、手続き等について解説します。遺言書の作成のをはじめとしたご相談、離婚に関するご相談、交通事故の示談交渉、及び後遺症認定のご相談なら川崎法律相談サポート・弁護士法人アート総合法律事務所へ。
川崎法律相談サポート> 遺言書の作成

遺言書の作成

残された家族の無用な相続トラブルを回避するために、遺言書の作成は有効です。遺言書には、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言の3種類があり、法的に有効な遺言書を作成する必要があります。

■自筆証書遺言
最も簡単な遺言書の方式で、費用をかけずに作成することができます。証人が不要なので、作成やその内容について秘密にすることができますが、法律の定めに違反していたり、内容があいまいな場合には遺言が無効になる場合があります。 また、遺言書の紛失や、発見者に遺言書の存在を隠されたりする可能性もあります。

自筆証書遺言は必ず家庭裁判所で検認を受けなければなりません。その際、各種書類を取り揃え、相続人または代理人が出頭しなければならないので、遺言書の作成は楽でも、その後の処理に手間がかかります。

■公正証書遺言
公証人が遺言者から遺言の内容を聞き取って、公証人が作成する方式です。遺言が無効になることや、偽造のおそれもありませんので、相続開始の際に家庭裁判所の検認も要りません。また、原本を公証人役場で保管するので紛失しても再発行してもらえます。
公証人役場の手数料と、作成の際の証人が必要になります。

遺言者は自分の意思通りに財産の分配を決めることができるのです。

 
確かに、遺留分減殺請求などの最低限の規定もありますが、全く疎遠であった相続人がその権利を必ず行使するとはいえません。
遺言書が出てきたということになると、既に遺産分割協議が行われていた場合であっても、手続きをやり直さなければならないことがあります。つまり、自由な遺産分割協議は控えなければならない場合があります。


参考判例:
遺言無効確認訴訟(最判昭和47年2月15日)
<事実の概要>
 被相続人であるAは①金2万円を相続人Y1に、②不動産等は「相続人」に相続させるとの遺言を残して死。
 この遺言の「相続人」が誰であるかが不明確であるとして、相続人であるXらは同じく相続人であるYらを相手に遺言無効確認の訴えを提起。Yらは過去の法律行為の無効確認は訴えの利益を欠くと主張しました。
第一審はXらの訴えを却下し、第二審もこれを維持。そこでXらが上告。

<判旨>
・・・・・・・・・・・・
破棄差戻し
 
 遺言無効確認の訴えは、形式上過去の法律行為の確認を求めることとなるが、請求の趣旨がかかる形式をとっていても、遺言が有効であるとすれば、それから生ずべき現在の特定の法律関係が存在しないことの確認を求めるものと解される場合で、原告がかかる確認を求めるにつき法律上の利益を有するときは、適法として許容されうるものと解するのが相当である。けだし、そのような場合には、請求の趣旨を、あえて遺言から生ずべき現在の個別的法律関係に還元して表現するまでもなく、いかなる権利関係につき審理判断するかについて明確さを欠くことはなく、また、判決において、端的に、当事者の紛争の直接的な対象である基本的法律行為たる遺言の無効の当否を判断することによって、確認訴訟のもつ紛争解決機能が果たされることが明らかだからである。
・・・・・・・・・・・・

当事務所は、神奈川県川崎市に事務所を構えております。JR川崎駅より徒歩5分、京急川崎駅より徒歩4分の大変アクセス便利な立地にございます。
依頼者様の利益を最大限尊重することを常に考えています。事件受任に繋がらなくとも依頼者様にとって望ましい選択であれば,アドバイスのみで終了となる場合もあります。
神奈川県内横浜市、川崎市、茅ヶ崎市、逗子市、相模原市、三浦市、秦野市、厚木市、大和市、伊勢原市、海老名市等のご相談はもちろんのこと、東京都、千葉県、埼玉県等近県のご相談にも広く対応しておりますので、まずはお気軽にご連絡下さい。

弁護士法人アート総合法律事務所が提供する離婚の基礎知識と事例

  • 保険会社が提示する示談金の内容

    保険会社が提示する示談金の内容
    保険会社が被害者に対して提示する示談金(保険会社基準)は、裁判で認められる賠償金(裁...
  • 労働条件の変更(賃金カット等)

    労働条件の変更(賃金カット等)
    就業規則で定める基準に達しない労働条件を定める労働契約は、その部分については、無効と...
  • 労働基準法

    労働基準法
    労働基準法は、労働者の賃金や労働時間、休暇等の主な労働条件に ついて、最低限の基準を...
  • 離婚の種類

    離婚の種類
    離婚には4つの種類があります。離婚の種類によって、必要となる金額も期間もまったく異な...
  • 過失相殺

    過失相殺
    交通事故におけるお互いの過失(=不注意)の度合いを割合で表したものを「過失相殺」とい...
  • 浮気・DV

    浮気・DV
    当事務所は、探偵事務所、不動産会社、税理士事務所などの各種専門家との間にネットワーク...
  • 特別受益とは

    特別受益とは
    特別受益とは、共同相続人の中で、被相続人から遺贈を受けたり、生前に贈与を受けていた場...
  • セクハラ・モラハラ

    セクハラ・モラハラ
    以下のような場合は、当事務所にご相談下さい。セクシャルハラスメント・パワーハラスメン...
  • 退職勧奨・退職強要

    退職勧奨・退職強要
    退職勧奨とは、会社が社員に対して自主退職を仕向けることです。退職勧奨は「退職してほし...

川崎法律相談サポートに寄せられる「遺言書の作成」関連の法律トラブル・ご相談事例

法律相談・労務相談に関する法律相談の基礎知識

川崎法律相談サポートで対応できる手続きについて

サポートできる川崎周辺エリアでの法律関連の代行業務

相談者から寄せられる相談業務についてのQA

交渉業務に関して最近ニーズの多い相談ジャンル

川崎法律相談サポートで対応できるエリア・地域

遺言書の作成をはじめとした相続問題、交通事故、離婚に関する知識、手続についてご紹介しています。遺言書の作成をはじめとした遺言書の作成に関する知識、手続きについてご紹介するサイトです。
遺言書の作成をはじめとした相続問題、交渉、交通事故、その離婚等についてご紹介しています。相談専用ダイヤル:044-201-6383 代表弁護士 阿野順一
©川崎法律相談サポート/弁護士法人アート総合法律事務所 All rights Reserved.